• 学生ブログ

2022.05.24

管楽器リペア科★270

現在、トロンボーンのスライド調整を行っ

ています。スライドの内側の管が平行にな

っていないと動作がスムーズでなくなるた

め、平行になるよう力を加えて戻していき

ます。しかし、曲げる支点となる支柱のハ

ンダ付けがしっかりできていないと、写真

のようにハンダが取れて大きく曲がってし

まうことがあります。

そのような時には、もう一度はじめからハ

ンダを付け直していきます。ベンジンなど

で汚れを取り除き、ハンダを付けるために

フラックスという薬品を塗り、均等に熱し

て温度を保ちながらハンダを差していきま

す。どのようなアクシデントが起きても柔

軟に対応できるように実習を繰り返してい

ます。

  学生ブログ 一覧へ