• 学生ブログ

2022.06.26

ギタークラフトコース★120

いよいよ梅雨に入ってジメジメする季節で

すね〜。こういった湿気の多い季節という

のはギターやベースなどの弦楽器には大敵

です。

というのも、木材と温度・湿度の関係は非

常に密接で、ギターで音程を変えるための

ネックという部分には、比較的長く薄い木

材が使用されるため、湿度が高い環境に置

いておくと木材が反り返ったりしてしまう

のです。このような木材の特徴は、令和の

最新技術を用いようとも無くせるものでは

ないので、トラスロッドと呼ばれる金属の

棒をネック内部に仕込んで調製できるよう

にしたり、除湿機などで湿度が管理された

場所で保管するなど、対策する他ありませ

ん。ネックが反り返っているかどうかは、

目視でも確認できるので、手持ちのギター

で症状が出ていれば今すぐ対策を!

  学生ブログ 一覧へ