• 学生ブログ

2022.08.16

ピアノ調律227

ピアノの修理をする際に様々な部品の交換

をするのですが、求められる精度がとても

細かく、なかなか先生からOKサインをい

ただけません、、、。部品の押さえ方や刃

物の扱い方で切り口の断面の綺麗さが変わ

ってきたりするので、常に細心の注意を払

って作業しなければなりません。めげずに

継続していきたいと思います。

先生に相談しに行くと、修理の手本を見せ

ていただけるのですが、その際に仕上がり

だけを見るのではなく姿勢や刃物の持ち方、

扱い方なども参考になると思い、先生の周

りをぐるぐる回って見ることもよくありま

す(笑)先生の様子を真似するだけでもか

なり安定して作業を行えるので、真似るこ

とは大切だと実感しました。

写真は、鍵盤の裏側についている赤い布を

交換しているところです。鍵盤を支える支

柱が金属製なので、鍵盤と支柱が当たった

ときの異音を防ぐためのものですが、この

布の密度や含まれている水分量で鍵盤の押

し心地が変わってしまうので、交換した後

は、他の鍵盤と同じ感触になるように布を

圧縮し調整します。

  学生ブログ 一覧へ