• 学生ブログ

2022.10.11

ピアノ調律240

先日、インターン実習で愛知県内の大学に

行ってきました。1人1台ピアノが割り当て

られ、調律・整調・修理・掃除までひと通

り行いました。私が担当したピアノは、昭

和57年製でとても古く、ペダルやペダル内

部に錆があり雑音の原因になっていました。

そのため、専用の研磨剤で錆を取りました。

また、調律の頻度は少なくとも1年に1回は

必要なのですが、担当したピアノは前回の

調律から2年経っており、相当音が狂って

いました。そのため、音の止まりを意識し

た調律を心がけました。

初めての実習で気がついたことは、時間配

分の重要性です。1つの作業にあまり時間を

かけてしまうと、その後にある重要な作業

にかける時間が短くなり、十分な精度が得

られないとわかりました。限られた時間で、

どの作業も満遍なく行うためには、それぞ

れの作業にかける時間をあらかじめ決めて

おくことが大切だと学びました。これから

は、様々なピアノの状態に応じて対処でき

るように練習していきたいです。

  学生ブログ 一覧へ