• 学生ブログ

2023.12.27

管楽器リペア458

サックスで有名なメーカー「セルマー」の新作シグネチャーを見るために、ドルチェ楽器に行ってきました。ソプラニーノサックスやイングリッシュホルン、14金のフルートなどあまり見かけない楽器もありました。

私が楽器店に行くのは「たくさんの綺麗な楽器をみたい」という理由と、「勉強になる」という理由からです。学校では各メーカーで作りが違ったり、特徴的なシステムがあることを学びました。しかし、全ての楽器を直に見ることはできないので、実際に楽器店へ足を運び自分の目で見ています。

写真ではわかりにくかったりする楽器も見れたり、素材の色味も良くわかります。加えて、音の違いを自分の耳で確認できたり、スタッフの方の接客を間近で見ることができて勉強になることも多いです。特に印象に残っている接客は、楽器の知識だけでなく素材の値上がりなど、経済状況も踏まえて適切な情報を提供されていたことです。これからも楽器店に足を運んで、たくさんの知識をつけていきたいと思います!

  学生ブログ 一覧へ