• 学生ブログ

2022.05.18

管楽器リペア科★267

現在、トロンボーンのスライド調整を行っ

ています。真っ直ぐな板の上にスライドを

置いて、歪んでいることを確認してから、

手などを使って歪みを矯正していきます。

トロンボーンは、溶接箇所に段差があり、

その段差を平らな板に乗せることで歪んで

いる箇所がわかりやすくなります。

初めは、どこを中心に歪んでいるのかわか

りづらく苦戦しましたが、先生や友人に歪

んでいる箇所の見方、見やすい方法を教え

てもらい、習得に励んでいます。歪んでい

て動きが悪いスライドが、自分の修理によ

って抵抗が無くなり気持ちのいい動きにな

ることでやりがいと達成感を得ることがで

きました。

  学生ブログ 一覧へ