• 学生ブログ

2022.06.24

管楽器リペア科★278

先日、クラリネットのキィの裏側にあるバ

ランスコルクを交換しました。コルクの厚

さで、穴(トーンホール)を塞いでいるカ

ップの開き具合が決まります。そのため、

コルクの大きさが1mmズレただけで音色が

大きく変わるなど細かい作業となります。

また、見た目も美しく仕上げないといけませ

ん。この作業は、大きめのコルクを刃で削っ

ていくのですが、少し削り過ぎてしまうと戻

すことができないため、作り直さないといけ

ません。初めはなかなか上手くいかず、形が

変になったり、表面がガサガサになってしま

いました。何度もやり直し、苦労した跡がコ

ルクの山です。なかなか満足のいく形には程

遠いですが、練習を重ねて必ず満足のいくも

のを完成させてみせます!

  学生ブログ 一覧へ