• 学生ブログ

2022.06.30

ピアノ調律科★216

先日、修理の授業で、「打弦機構(ピアノ

の音を鳴らす場所)の細かいパーツの部品

交換」を学びました。

簡単そうに見えた作業も実際に行ってみる

と、mm単位で部品を測らなくてはいけな

かったり、接着剤を付ける位置も決まって

いたりと細かい作業ばかりでした。

写真は、それぞれのパーツを取り除く作業

です。しかし、全ての工程にしっかり意味

があり、その先は「演奏のしやすさ」に繋

がっていました。ピアノを演奏する際、気

持ち良く弾けていたのはこのような作業が

あってこそなんだと日々学ぶことばかりで

す。明日はどんな事が学べるのだろうと、

毎日がワクワクです。

  学生ブログ 一覧へ