• 学生ブログ

2022.10.17

管楽器リペア320

現在、サックスのタンポ交換、バランス調

整の実習を行っています。1枚目の写真は、

だタンポ調整を行う前の状態です。

一部押さえても上手く塞がっていない箇所

がありました。この状態からタンポがぴっ

たりトーンホールを塞ぐようにカップを温

めて中の接着剤を溶かし、専用のヘラでタ

ンポの表面を慣らしたり、タンポ自体の角

度を斜めにしたりして調整して行きます。

1周全て塞がっているかを確認しなければ

いけないので、見落としがないように気を

つけました。また、一番軽い力で全面同時

に塞がるようにしますが、この作業を繰り

返してしまうとタンポの表面がかたくなっ

てしまうなどの影響が出てしまうので、な

るべく少ない回数で終わらせることを意識

しました。

タンポの大きさがベルの近くのキィになる

につれて大きくなっていくため、接着剤の

量が多くなり「温まりにくく」「冷めにく

く」なってしまうので、手順は同じでもカ

ップを温める長さを考えながら作業しなけ

ればいけないことに気付きました。

  学生ブログ 一覧へ