• 学生ブログ

2022.11.15

管楽器リペア334

先日、ホルンのロータリー分解とレバ

ー矯正の単元が終了しました。ホルン

の心臓部であるロータリーは、演奏す

る上で不調や狂いがあってはならない

部分です。

そのため、パーツの入れ違いなどがある

息が通らなくなってしまいますし、

ほんの少しの埃などが混入するだけで動

きが悪くなってしまいます。それらを防

ぐために、パーツの置き場所をそれぞれ

の抜差管の近くに置いたり、掃除を細部

まで徹底したりするなどの工夫をしてい

ました。中にはトレーを用意して混同し

ないようにしているクラスメイトもい

て、ぜひ私も取り入れたいなと思いま

した。レバーの矯正では、テンション

(レバーを押したときの抵抗感)の具

合をちょうど良くするのに苦労しまし

た。

自分1人の感覚だとレバーが重くなって

まいがちだったので、クラスメイト

とお互いの感覚を確認し合いながら繰

り返し練習し、無事に試験も合格する

ことが出来ました!改めてクラスメイ

トたちとの情報共有や、切磋琢磨しあ

える環境は「いいな」と思えました。

  学生ブログ 一覧へ