• 学生ブログ

2022.12.16

管楽器リペア347

木管楽器の修理や調整の後、試奏(しそ

う)を行います。試奏とは、お客様に楽

器を返す前に試しに演奏して、音が鳴る

ことを確認することです。加えて、吹き

心地やパーツの動きも確認していきます。

吹き心地は、リードと呼ばれる発音体の

パーツからも影響を受けるので、試奏用

に個人でリードを準備しています。

リードには、一般的に葦(ヨシ)と呼ば

れる植物を使用したものが使われますが、

私はプラスチック製のものを使用してい

ます。葦のリードは湿度や衝撃に弱く、

ヘタってくると音がなりにくくなり、管

理が大変です。しかし、音色がとても好

まれます。一方、プラスチック製のもの

は湿度の影響を受けず、衝撃にも強く寿

命が長いので、とても使い勝手が良いで

す。

それぞれの良さがあるので、どちらも試

してみと良いのではないでしょうか。

  学生ブログ 一覧へ