• 学生ブログ

2022.12.22

音楽サービス創造389

先日、ウクレレの本体とネックを接着す

るために、それぞれの接着側を平面に仕

上げました。ギターやウクレレ、バイオ

リンなどの弦楽器は、このネックの部分

がとても大事になります。なぜなら、演

奏できる楽器になるかどうかに関わって

くるからです。

例えば、接着側を平面にしたとしてもネ

ックが本体に反るように接着されてしま

ったら、弦の高さが高くなったり、途中

で引っかかったりしてしまうからです。

そのため、より繊細な作業が要求されま

した。私は、2つのことに注意して取り

組みました。

1つ目は、削りすぎて側板が無くなって

しまわないようにすることです。勢いよ

く削りすぎないよう注意しました。2つ

目は、常に平面になっているか確認する

ことです。少し削って、いろいろな角度

から確認することで、確実に作業ができ

るよう注意しました。これらによって、

うまく作業を進めることができました。

  学生ブログ 一覧へ