• 学生ブログ

2023.01.05

音楽サービス創造391

クラフト技術の授業で、春から継続して

1人1つのウクレレを作っています。先日、

ウクレレの「ネック」という部分と本体

を接着するために必要な「ダボ穴」の調

整を行いました。

ダボは杭のようなもので、ネックと本体

を繋げる役割があります。ダボ穴が元々

空いていた位置では、ネックが本体より

上に飛び出してしまうので慎重に削り、

本体の面と一直線になるように調整しな

ければなりません。とても細い「精密ヤ

スリ」というヤスリで削っていきますが、

平行に動かさないと手前と奥で削り具合

が変わってしまうので気をつける必要が

あります。

ネックの面が本体の面にどんどん近づい

て行く様子に達成感を感じられ、地道で

すが楽しい作業です。自分の作業がきち

んと正確に行えているか考えながら遂行

することが大切なんだと学びました。

  学生ブログ 一覧へ