• 学生ブログ

2023.01.16

ピアノ調律263

12月からピアノ一台を調律するように

なりました。また、最初の基準の音を

決める際にはチューナーという機械を

使っていたのが、音叉を使うようにな

りました。

音叉本体の温度によって音の高さが変

わってしまうので、難しさを感じてい

ます。そのため、不安になった時には

チューナーを使い、正しい高さの音と

温度を確認するようにしています。こ

のように今までよりも覚えなければな

らない作業や注意しなければいけない

ことが格段に増えました。初めは、一

つひとつの作業時間がとてもかかり、

180分もかかってしまうこともありま

した。時間を少しでも短くするために

先生のアドバイスをいただいたり、友

達に相談して作業を素早くできるよう

に練習たりしました。

そのおかげで今では150分ほどに縮め

ることができるようになりました。焦

らずに自分のペースで成長していける

ようこれからも努力していきたいです。

  学生ブログ 一覧へ