• 学生ブログ

2023.10.16

音楽サービス創造466

先日、ピアノの「調律」をはじめて行いました。チューニングハンマーという特殊な工具をピアノの弦が張られているピンに差し込み、左右に回して張力を強めたり弱めたりします。そのことで、音の高さを変えていきます。

音をずらすことで生じる「唸り(うなり)」を合わせるユニゾン作業を練習しています。チューニングハンマーはかなりの重さがあり、またピアノの1弦の張力がおよそ80kgあるので、すごく力が必要で大変でした。さらに、一気に動かしてしまうと音が大幅に変わってしまうため、繊細な調節を行うことが難しかったです。

しかし、弦を張ったり緩めたりすることで音が変わるのが面白く、ぴったりと音の唸りがなくなった時は達成感がありました。最初の授業なので基礎的なことしかしていませんが、とても楽しかったです。これからもっと難しいことにも挑戦してみたいと思いました。

  学生ブログ 一覧へ