• 学生ブログ

2023.11.28

管楽器リペア446

管楽器リペア科では、2年生後期からアドバンスコースとエクスパンシブコースにわかれます。アドバンスコースは今までの技術をさらに磨き、エクスパンシブコースは技術の他に営業も学びます。私はアドバンスコースで、毎日実習を行なっています。現在、クラリネットの試奏(しそう:楽器の修理の最終過程で改めて異常がないかを確認するためのもの)を含めた全調整を学んでいます。

試奏を重点的に学ぶことにより、就職後に精度の高い修理で対応できるようにするためです。私は金管奏者なので、吹きやすさや吹きにくさを理解することがとても難しいです。「ただ息を入れるのではなく、お腹に力を入れて速いスピードの息を楽器に通すことが大切。そうすることにより、小さな隙間があった場合にも音が裏返ってしまうので不具合を見つけることができる。」など、先生からアドバイスをいただいています。

そのこともあり、以前よりも吹きにくい場合は、どこを修理すればよいかわかってきたように感じています。卒業までに習得できるよう頑張ります!

  学生ブログ 一覧へ