音楽サービス創造学科 3年

担{になう}

伝統を重んじ、さらに時代に合わせ創造していく「手」
音楽・楽器のプロフェッショナルとして次代を担う学科

音楽・楽器のスペシャリストとして幅広い就職分野で活躍できるスキルを学びます。

舞台制作やイベントスタッフ、楽器製造や商社、販売、リペアなど、音楽業界や楽器技術に携わりながら活躍するための知識を多岐にわたり学習します。実践 的なカリキュラムに加え、演奏力やビジネス力など、総合力を養い、自らの「強み」を磨き、「適性」を見極めながら目指せる就職分野を広げていきます。

どのような3年間を送るの?

音楽や楽器の幅広い分野の学びを通して、多くの経験をしていきます。多様な楽器に触れる機会をつくり、ルーツと進化、構造や特長を知識と技術の両面から学んでいきます。幅広い分野の学びの後、興味ある分野や自らの適性分野を探求して専門性を高めながら、目指す進路にあわせた準備をしていきます。

ホールや能楽堂、劇場などで音響性やステージの仕組みを学びます。

楽器博物館や工場などで繊細な楽器づくりとメーカーのポリシーを肌感覚で捉えます。

どのような進路が目指せるの?

楽器製造会社や楽器商社、楽器店、楽器工房、技術サービス会社など、楽器の知識や技術を活かし全国で幅広く活躍できる上、舞台制作や音響・照明、イベントスタッフ、コンサートプロモーターなど、音楽サービス分野での就職先も広がっています。
進路指導担当者が、キャリアガイダンスや企業訪問、個別面談などにより、適切なサポートを行いながら、希望に基づいた進路選択や就職分野、候補企業を見出していきます。さらに、音楽・楽器業界企業とのパイプを活用した更なる求人開拓を目指し、情報収集や就職活動の手助けを行います。

インターン実習

実践を積むため、楽器店やイベント会場などの様々な現場でインターン実習を実施します。

資格

劇場やコンサート会場、ライブハウスで音響などの舞台機構の調整を行うことができる「舞台機構調整技能士」と、ピアノ調律師に必要な知識や技能、実務能力などを備えた「ピアノ調律 技能士」の取得を目指し、各有資格者である講師陣が指導。試験対策も充実しており、高い合格率を維持しています。

主な実技科目と内容

各科目 1年次 2年次

鍵盤楽器

アップライトピアノの外装及びアクションの脱着、簡単な修理 張弦、調律(ユニゾン合わせ)
アップライトピアノのアクション部品修理

管打楽器

金管楽器のメンテナンス
(オイル注油含む)
木管楽器のメンテナンス
(オイル注油含む)
打楽器のメンテナンス
(皮の張替え、注油)
1年次のメンテナンス実習の時間短縮、クラリネットのコルク交換、不良タンポの部品交換

弦楽器

アコースティックギター、エレキギター などの弦交換、チューニング バイオリンキットの製作、各種ギターの弦交換のレベルアップ、チューニング

楽器演奏

演奏法 基本技術習得(音階)、合奏試験 演奏法 応用技術習得(音階)、アンサンブル、合奏試験

舞台実務

- 各場面に合わせたマイクのセッティング、集音方法、ミキサー操作方法
各科目 3年次(任意のコース選択)

ピアノ
調律実技

●アップライトピアノの1台仕上げ(120分・4Hz変更)
●アップライトピアノの張弦、アクション部品修理、全行程の整備

管楽器
修理実技

●クラリネット(360分以内)、フルート(360分以内)、サキソフォン(540分以内)の調整(各種コルク交換、タンポ交換、バランス調整、試奏検品) 
●金管楽器の半田付け、軽度の凹出し、スライド調整

バイオリン
修理実技

●様々なパーツ(ペグ、エンドピン、駒、ナット など)の交換 
●弓の毛替え ●セットアップ、調整技術 ●試奏・検品技術

ギター
修理実技

●ネックの反り、弦高、フレットエッジの調整技術
●ピックアップ、ジャック、ナット、ポット、フレットの交換技術 ●試奏・検品技術