弦楽器製作科
ギタークラフトコース 2年

挑{いどむ}

クラフトマンシップを抱き、
様々なユーザーと関わる「手」
製作をベースにリペア技術にも挑む学科

弦楽器製作科ギタークラフトコースってどんな学科?

設計図作成から木材の加工法や
塗装技術、組み込み調整までの技術を
体系的・効率的に習得。

2年間で計5本のギターとベースを製作しながら、設計図作成や木材の加工法、塗装技術、組み込み調整の技術を段階的に効率よく習得。そして、製作を通して構造を理解し、配線パーツやナット、フレット交換、バランス調整などの修理や調整技術も習得していきます。さらに販売力も身につけ、製造以外の就職先も目指せます。

設計から手掛けるオリジナルギターと
ベースを2年間で計5本製作し、
修理や調整技術も習得。

クラス担任制で一人ひとりの進度や技術習得状況に合わせた指導を実施。さらに、段階的カリキュラムのため、基礎から難易度の高い技術までを着実に習得していきます。製作・リペアの各専門プロ講師陣からの学びによって、知識・技術を確実に習得していきます。第一線で活躍する講師陣からの学びで、現場実践力を磨きます。

将来はどのような進路が目指せるの?

体系的なカリキュラムにより製造から
楽器商社、販売・リペアスタッフまで、
幅広い活躍を目指す。

楽器店や製造会社のほか、ギター製作工房やLM(軽音楽)ショップで、技術スタッフとして全国で幅広く活躍できます。さらに、卒業生の中には、製造会社に勤務し、WEB事業部で自社のHPやSNSを使い情報発信をされている方や、楽器商社に勤務し、海外業務に携わる方もいます。

各自に見合った卒業前の研修プログラム
や、インターン実習による現場実践で
「実践力」を磨く。

卒業前に入社後の即戦力になれるよう、各自の就職先に応じた卒業前の研修プログラムを実施。内定先からの課題の習得、技術応用力の養成、商品知識の定着など、仕事に直結した内容です。また、実践力をさらに磨くため、楽器店やイベント会場などの様々な現場でインターン実習を実施します。

どのような2年間を送るの?


年次

製作・リペア技術を体系的に学ぶ

  • 刃物の仕立てや木工の基礎知識を学び、製図方法や木材加工、機械加工、削り出し、組み込み、塗装など、一連の流れを習得。
  • 製作を通して構造を理解し、配線パーツやナット、フレット交換、バランス調整などの修理や調整技術も習得。


年次

電気理論や商品知識など教養を身につける

  • エレキギターの音の出る仕組みを学び、回路配線を理解していきます。さらに、配線の修理や改造ができる知識を身につけます。
  • ギターを商品としてどのように取り扱っているのかや販売手法、付随するサービスなどの知識を身につける。

  • 楽器フェアなどで、最新情報をキャッチ
  • 企画力を磨くため、フェスなどのイベントに参加
  • 工場見学など、現場を知る豊富な行事
  • 修理や調整技術も習得して行く
  • 世界的ギタリスト吉田次郎氏による特別講義
  • 体系的・効率的に多様なギター製作を学ぶ

主な実技科目と内容

各科目 1年次 2年次

刃物研ぎ・
鉋台調整

治具工具
製作

設計・製図

ボルトオン
ギター製作

ベース製作

セットネック
ギター製作

アコースティック
ギター製作

リペア

クリーニング・バランス調整・配線パーツ交換・ナット交換・フレット交換
指版R変更・タッチアップ
ネックアイロン反り調整・配線改造
学生取材レポート