ピアノ調律科 2年

探{さぐる}

演奏者の一つひとつの音、理想の音を求める「手」
演奏者が言葉では表現できない心の音を探る学科

ピアノ調律科ってどんな学科?

調律・整調・修理の技術を
体系的・多角的に学ぶ。
さらに、知識や教養を備えた人材へと育成。

90分間2回取り調律ができるよう、現場環境を踏まえた個別実習室で何度も訓練し、音程を整える技術を習得。グランドピアノの一定レベルの整調技術(鍵盤の微妙なタッチ調整)、鍵盤折れやシャンク折れの修理技術、部分塗装の技術も習得します。さらにピアニスト等の理解を深め、ピアノの背景にある音楽文化について学びます。

試験会場の本校で『国家資格』を目指す。
技術習得を確実にするため、
マンツーマン教育が充実。

ピアノ調律技術の確実なステップアップと国家技能資格取得を目標に、クラス担任制度を導入。段階的なカリキュラムにより、技術習得の進行状況を明確に把握することができます。さらにピアノに関するあらゆる知識と技術を、経験豊富なプロ講師陣がきめ細かく指導。講師陣は全員ピアノ調律技能士1級取得者で、確実に即戦力へと導きます。

将来はどのような進路が目指せるの?

楽器店所属の調律師や
コンサートチューナーとして活躍。
製造会社や修理工房も目指せる。

ピアノ調律師として楽器店に所属したり、ピアノ調律専門会社など、全国で幅広く活躍できます。また、嘱託調律師としてフリーで活躍したり、修理工房を設立して独立することも目指せます。卒業生の中には、本校からの紹介で海外就職を果たし、世界の一流ピアニストのコンサートチューナーとして活躍している方もいます。

各自に応じた卒業前の研修プログラム
や、インターン実習による現場実践で
「実践力」を磨く!

卒業前には、入社後即戦力となれるよう、各自の就職先に応じた卒業前の研修プログラムを実施。内定先からの課題の習得、技術応用力の養成、商品知識の定着など、仕事に直結した内容です。また、社会貢献も兼ねたインターン実習では、市からの依頼で児童福祉施設のピアノ調律を実施するなどの現場実践をしています。

どのような2年間を送るの?


年次

ピアノの専門技術を多角的に学ぶ

  • 音階を整える調律を、速く正確に施せるよう個別実習室で習得。さらに、鍵盤のタッチを整える整調を習得し、演奏者の要望に応えていく。
  • 弦の張替えや部品交換、キズの補修、鍵盤の張替えなど、修理技術を段階的に取得。


年次

教養を身につけ、国家資格取得も

  • ピアノと密接な関係にある西洋文化や日本での成り立ちを学び、ピアニストなどの理解を深め、音楽文化の教養を身につける。
  • 国家技能検定「ピアノ調律技能士」の2・3級取得を目指し、試験会場に認定された実習室で、プロ講師陣がきめ細かく指導。

  • グランドピアノにも対応できる技術を磨く
  • 海外研修で世界的メーカーを訪問
  • 国家検定をめざし、個別実習室で訓練
  • 卒業生研修で、実務レベルを向上
  • 中古ピアノの再生技術を学ぶ合宿
  • 豊富なインターン実習で実践力を磨く

主な実技科目と内容

各科目 1年次 2年次

アップライト
ピアノ調律
(基礎)

ユニゾン・オクターブ・割振・検査音程などの基本技術を習得 -

アップライト
ピアノ調律
(粗律)

大幅なピッチ変更時の2回取りにおける見込み調律を行う -

アップライト
ピアノ調律
(4Hz変更
1台仕上げ)

100分以内での4Hz変更技術の習得 90分以内での4Hz変更技術の習得と精度の向上を目指す

グランド
ピアノ
調律

- 2Hz変更1台仕上げ

アップライト
ピアノ整調

部品の役割、動きを理解。準備工程・本工程とそれぞれ練習する 1台仕上げと精度の向上を目指す

ピアノ修理

弦・センターピン・ブッシングクロス・鍵盤上面など各部品の交換技術を習得(単体での交換方法) リビルド実習を中心とした修理作業を行う(再生に必要な部品の全交換)
学生取材レポート