管楽器リペア科 2年

技{わざ}

たゆまぬ努力と継続によって
情熱が宿っていく「手」
緻密な管体と向き合い、正確で、繊細な技を磨く学科

管楽器リペア科ってどんな学科?

2年間で木管・金管楽器計6種類を
体系的に学び、効率的・効果的に
管楽器リペア技術を習得。

分解や修理、調整の実習を繰り返して、木管楽器3種(Cl・Fl・Sax)と金管楽器3種(Tp・Tb・Hr)の計6種類のリペア技術を段階的に効率よく習得していきます。木管楽器のオーバーホール、金管楽器のベル縁並行修理やピストン・ロータリー・スライドなどの調整技術や「検品・見積り」などの実務も習得していきます。

実際の現場を想定した専用作業台で
集中して学べ、プロ講師陣が
マンツーマンできめ細かく指導。

実際の現場を想定し、限られた時間内で仕上げられる正確さと迅速さを身につけ実践力を養います。段階的カリキュラムと経験豊富なプロ講師陣がきめ細かく指導し、木管・金管楽器に関する一人ひとりの技術レベルを確実なものにしていきます。さらに楽器の歴史や構造、アーティスト等を学び、知識や教養を身につけます。

将来はどのような進路が目指せるの?

楽器店でのリペア担当や
製造会社、技術サービス会社など、
さらに、研究科への進学も目指せる。

楽器店でのリペア担当として学校へ訪問。楽器メーカーでの開発スタッフや管楽器修理工房での専属リペア技術者、楽器商社での出荷調整など仕事の幅は広く、全国で活躍できます。さらに、リペア技術の精度を上げ、より高度な技術力や特殊楽器(ダブルリードなど)の修理技術を学ぶことができる研究科への進学も目指せます。

各自に応じた卒業前の研修プログラム
や、インターン実習による現場実践で
「実践力」を磨く!

卒業前には、入社後即戦力となれるよう、各自の就職先に応じた卒業前の研修プログラムを実施。内定先からの課題の習得、技術応用力の養成、商品知識の定着など、仕事に直結した内容です。また、楽器店の依頼・指導の下、実施されるインターン実習では、小学校や中学校の楽器リペアなど現場実践をしています。

どのような2年間を送るの?

1
年次

リペア技術を効率的・効果的に学ぶ

  • 木管楽器では、タンポやキィ連結など、特性や仕組みを理解し、タンポ調整や交換、キィ調整など実務的な技術を習得。
  • 金管楽器では、工具の使い方からメンテナンス、基本的な調整技術、凹み直しや溶接技術を反復し習得。

2
年次

商品知識など教養を身につける

  • 各種管楽器の構造や種類、成り立ちや発音原理、キィシステム、バルブシステムなどの知識を身につける。
  • 管楽器を商品としてどのように取り扱っているのかや販売手法、付随するサービスなどの知識を身につける。

  • プロの世界とまったく同じ設備で実習
  • 企業の方々による特別講義が豊富
  • 工場見学や楽器フェアなど、豊富な行事
  • 卒業生研修で、実務レベルを向上
  • 豊富なインターン実習で実践力を磨く
  • 木管・金管計6種を体系的に学ぶ

主な実技科目と内容

各科目 1年次 2年次

クラリネット
タンポ交換

タンポ交換の基本的な作業の流れを反復練習によりマスター スピードと精度の向上を目指し、交換・調整技術のレベルアップを図る

フルート
メンテナンス

基本となる手入れから、磨き作業、フェルト・コルク交換を練習 ヘッドコルク・ノックピン交換から、管体の凹み直し、ジョイント調整までを習得

サクソフォーン
バランス調整

複雑な構造を理解した上で、キィの連絡を一つひとつ確実に合わせられる技術を学ぶ 楽器全体を見てバランス不良を発見し、早く正確に調整できるように練習を重ねる

木管総合修理

キィの動きの動作不良や折れ、管体の割れなど木管楽器に共通する修理技術の習得 実際の現場を想定し、検品・見積もり・修理までの流れを学ぶ

金管修理
(メンテナンス)

ユーザーへの的確なアドバイスのため、修理技術の第一歩となるメンテナンス技術を習得

金管修理
(溶接)

ハンダの取り扱いを体験し、楽器に悪影響を与えない溶接技術をマスター

金管修理
(トロンボーン
スライド調整)

分解・組立を通じ構造を把握し、曲りや凹みを直してスムーズなスライドに仕上げる

金管修理
(ホルン
ロータリー
調整)

ロータリーの分解・組立やレバーのひもかけ作業を反復練習でしっかりと身につける
学生取材レポート